国立 歯科 歯医者 口腔外科 顎関節症 インプラント

サイトマップ
TEL.042-577-1971イタクナイ(予約制)
ホーム > オンライン相談受付
 医院ツアー・バリアフリー

 アクセス・P2台有

 院長紹介・口腔外科専門医
 口腔外科
 親知らず抜歯
 あごの痛み,顎関節症
 インプラント
 一般歯科・保存治療
 小児矯正歯科
 オンライン相談受付
 オンライン予約
 リンク集
 相互リンク受付
 サイトマップ

2007年10月17日 東京都 31歳 女性

はじめまして、海外(アメリカ、NY)在住の姉が、今回歯科医を受診し、そこで‘ペースト状の抗生物質’(Formula U)という治療法を勧められたそうです。
 はじめまして、海外(アメリカ、NY)在住の姉が、今回歯科医を受診し、そこで‘ペースト状の抗生物質’(Formula U)という治療法を勧められたそうです。
 治療のベネフェットやリスクなどをご存知でしたら、教えていただけないでしょうか。
 口腔内はバイ菌がもともと多く存在するし、抗生物質の存在は意味があるのか(耐性の問題など)また抗生物質の局所的な効果は長期間持続するものか、疑問が残りますが、いかがなものでしょうか。

きしの歯科口腔外科 院長の木住野(きしの)義信です。
 ご相談のメールありがとうございます。
 ペースト状の抗生物質とは歯周症治療薬のことだと思われます。
 歯周ポッケトに注入する抗生物質で急性症状の緩和などに応用されています。
 局所投与のため、薬が停滞している際に、抗菌効果が発現されるため、歯周病菌に持続的に効果を及ぼすことは難しいと思われます。
 ただし内服の抗生物質(全身投与)は慢性の歯周病には適応がないため、局所投与が行われています。
 長期間の投与は行わず、一般的には1週間間隔で4回、局所投与を行いますので、歯周病菌に対する耐性はあまり問題はないと思われます。
 歯周病の原因菌の完全除去は不可能であり、歯石などの原因が除去されていなければ、効果はなく、あくまでも補助的な治療法だと思います。
 また、何かありましたらご相談いただければ幸いでございます。

歯科医院が苦手な方、治療が不安な方のために木住野(きしの)義信がお悩みにお答えします!セカンドオピニオンとしてもご利用ください。必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
※ご投稿いただきました内容は、個人情報を除き、当関連サイトに掲載させていただく場合がございます。予めご了承の上、投稿ください。また、ご記入頂きました個人情報は、守秘義務上、外部に漏れることは一切ございません。
ご相談フォーム
※お名前

※性 別

女性  男性  

※年 齢

※住 所

電話番号

※e-mail


E-Mailを間違う方が大変増えております。
確認の為、再度ご記入ください。
※相談内容

 
国立 画像
JR中央線 国立駅 南口徒歩4分
(社)日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医
きしの歯科口腔外科クリニック
歯科口腔外科・一般歯科・矯正歯科
(親知らずなどの抜歯・インプラント・顎関節症など)
TEL.042-577-1971イタクナイ(予約制)
東京都国立市東1-16-8
診療時間
9:00〜 1:00
15:00〜19:30
土曜午後は5:30まで

(C) きしの歯科・口腔外科クリニック