国立 歯科 歯医者 口腔外科 顎関節症 インプラント

サイトマップ
TEL.042-577-1971イタクナイ(予約制)
ホーム > オンライン相談受付
 医院ツアー・バリアフリー

 アクセス・P2台有

 院長紹介・口腔外科専門医
 口腔外科
 親知らず抜歯
 あごの痛み,顎関節症
 インプラント
 一般歯科・保存治療
 小児矯正歯科
 オンライン相談受付
 オンライン予約
 リンク集
 相互リンク受付
 サイトマップ

2007年11月13日 東京都 58歳 女性

20代の頃から、歯科診療で口を開けているとき、喉にルゴールを塗ってもらうとき、大きな口を開けてあくびをしたときなど、必ず顎が外れ、主に右側が閉まらなくなり、とても痛いのでパニックになりそうになります。
 20代の頃から、歯科診療で口を開けているとき、喉にルゴールを塗ってもらうとき、大きな口を開けてあくびをしたときなど、必ず顎が外れ、主に右側が閉まらなくなり、とても痛いのでパニックになりそうになります。
 歯科医に通うのも怖くて、行くことができません。
 大きく口を開けずに暮らしていくことが出来れば、このままで支障はないのでしょうか?
 ご回答を頂戴できれば幸いです。
 宜しくお願い致します。

きしの歯科口腔外科 院長の木住野(きしの)義信です。
 ご相談のメールありがとうございます。
 顎関節脱臼は大開口(歯科治療時、あくびなど)に伴って下顎頭が関節結節を乗り越えることにより生じます。
 顎関節の形態によるような場合はなかなか改善は難しく、外科的治療の適応となることがあります。
 また顎関節の構造によるものではなく、顎関節症の一部症状として口が閉じずらいなどの症状が発現することもあります。
 脱臼は難治なものから、簡単な顎運動の訓練などにより改善するものもあり様々ですが、心配でしたら一度口腔外科を受診られてはいかかですか。

歯科医院が苦手な方、治療が不安な方のために木住野(きしの)義信がお悩みにお答えします!セカンドオピニオンとしてもご利用ください。必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。
※ご投稿いただきました内容は、個人情報を除き、当関連サイトに掲載させていただく場合がございます。予めご了承の上、投稿ください。また、ご記入頂きました個人情報は、守秘義務上、外部に漏れることは一切ございません。
ご相談フォーム
※お名前

※性 別

女性  男性  

※年 齢

※住 所

電話番号

※e-mail


E-Mailを間違う方が大変増えております。
確認の為、再度ご記入ください。
※相談内容

 
国立 画像
JR中央線 国立駅 南口徒歩4分
(社)日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医
きしの歯科口腔外科クリニック
歯科口腔外科・一般歯科・矯正歯科
(親知らずなどの抜歯・インプラント・顎関節症など)
TEL.042-577-1971イタクナイ(予約制)
東京都国立市東1-16-8
診療時間
9:00〜 1:00
15:00〜19:30
土曜午後は5:30まで

(C) きしの歯科・口腔外科クリニック