国立 歯科 歯医者 口腔外科 顎関節症 インプラント

サイトマップ
TEL.042-577-1971イタクナイ(予約制)
ホーム > インプラント
 医院ツアー・バリアフリー

 アクセス・P2台有

 院長紹介・口腔外科専門医
 口腔外科
 親知らず抜歯
 あごの痛み,顎関節症
 インプラント
 一般歯科・保存治療
 小児矯正歯科
 オンライン相談受付
 オンライン予約
 リンク集
 相互リンク受付
 サイトマップ

近年の医学の進歩に目ざましいものがあることは患者様の皆様誰もがご承知の通りです。
とりわけ今日ご紹介するインプラント治療は、現在、歯科の領域では世界的に注目され発展している治療法のひとつです。当院では、ただ最先端の医療ということだけで取り組むのではなく、患者さんが歯の治療を通して、人生が快適になることを基本姿勢として医療に取り組んでおります。
インプラント治療を通じて患者さんに、健康で充実した人生を歩んでいただくことが、私共全スタッフの最大の喜びです。

  1. インプラントの仕組み
    インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント体を植え、顎の骨としっかり固定させた後、その上に上部構造(人工の歯)を装着させたものです。これにより取りはずしの入れ歯の不快感がなくなり、天然歯と同等の力で噛むことが可能となる新しく画期的な歯の治療法です。
    インプラント治療は、一本の歯を失った場合でも、全部の歯を失った場合にも可能です。



    • 上部構造
      実際に使う歯のことです。

    • アバットメント
      インプラント体の上に取りつけられる部分で、上部構造を支える役割を果たします。

    • インプラント体
      歯槽骨に埋め込む人工歯根。2,3ヶ月で、インプラント体と歯槽骨が結合します。

    • 歯槽骨
      歯肉に包まれて歯を支えているのが歯槽骨です。
  2. このような患者さんはインプラントに適しています。


    • 取りはずしの入れ歯が嫌いな方
    • 口の中で入れ歯が動いたり、会話中にはずれ易い方
    • 話したり、笑ったりした時に入れ歯が見えて恥ずかしい方
    • 歯が抜けた部分を治療するのに隣の歯を削られたくない方
    • 以前と同じ天然歯のような歯が欲しい。

失った歯の修復法として、従来は人工クラウンやブリッジ、取り外し式の部分的な入れ歯、総入れ歯が利用されてきました。しかしこうした代用物を口の中に確実に固定させるためには、隣の健康な歯を削らなければならないといった問題がありました。

  1. 歯を1本だけ失った場合のインプラント治療
    “失われた1本の歯根の代用品”としてインプラントを1本だけ使って失った歯の部分を修復する方法は、最も洗練された治療方法であり、審美的にも満足のいく結果が得られます。1本のインプランによってあたかも自分の天然歯のように自然に感じられます。顎骨の“萎縮”の心配もなく、本来の骨を維持できます。ブリッジを入れる時のように健康な隣りの歯を削る必要がありません。

    従来の治療の悩み
    従来の治療は、両隣の健康な歯を削ってブリッジにしました。
    インプラント治療
    インプラント治療は、健康な歯をまったく削ることなく歯の無い部分にインプラントを入れます。

  2. 歯が数本抜けた場合のインプラント治療
    この場合もインプラントが理想的な解決法となります。
    数本のインプラントを歯の無い部分に入れ、これを土台としてヘッド部にブリッジをかぶせます。

    従来の治療の悩み
    入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快でした。
    インプラント治療
    インプラント治療は、針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ固定式の人工歯を取り付けます。


  3. 歯がまったくない場合のインプラント治療
    下顎の歯が1本も無い場合の修復にはインプラントがよく利用されます。インプントのヘッド部をバー状の維持装置で連結し、その上に取り外し式の入れ歯をしっかりと固定することができます。

    従来の治療の悩み
    入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりしました。
    インプラント治療
    インプラント治療は、数本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます

インプラント治療を始める前に、メリットとデメリットを全て確認しておくことが必要です。不安に思っていることは、お気軽にご相談ください。当院では、治療前のカウンセリングを大切にしています。

  1. 入れ歯の不自由さからの解放
    インプラント効果の最大のものは、入れ歯の不自由さ、うっとうしさから解放されるということでしょう。
    インプラントは入れ歯と違い、お口の中に固定されていますから、慣れたり使いこなしたりするに特別な努力が必要ありません。また、上下の歯がしっかりと噛み合わさるため、肩こりなどの症状も軽くなります。もともと天然歯は顎骨にしっかりと固定されており、そのことからも自然に近いインプラントの方が受け入れやすいのは当然といえるでしょう。

  2. 旅行を楽しめる
    インプラントは、旅行に行ったときでも、取り外さなくても良いのです。また、これは食べられない、あれは食べられないなどと一切考えなくてもよいのです。カラオケで思いきり歌うこともできますし、大きな口を開けて笑うこともできます。

  3. 美しさと若さが蘇る
    女性にとっては入れ歯のツメ(止め金)が見えることは耐えられないことのようですが、インプラントで美しい口もとを再現することが可能です。
    歯のない部分だけインプラントにしますから健康な歯を削りません。取り外しの必要がありませんし、外見も使用感もあなたの歯そのものです。

  4. 退化する歯ぐきを守る
    人間の身体は使う部分は発達し、使わない部分は退化します。歯を抜いた後の歯ぐきがやせてしますのは、そこに噛んだときの力が加わらなくなるためです。インプラントによって再び骨に直接力が加わり出すと、骨はしっかりと充実し、それ以上の退化を防ぐことができるのです。

  5. 体全身のバランスを保つ
    入れ歯では人間が噛むことによって生じるパワーを支えることは不可能です。
    骨の中にしっかりと結合したインプラントによって、はじめて人間の持つ強力な噛みしめるパワーを受け止めることができるのです。そして崩れかかった骨格バランスを正常な方向へ導いていくことが可能になるのです。
    これからのインプラント治療は、ただ人工の歯を今まで通りにつくり直すだけでなく、体全身の姿勢の調和や、顔全体の均整を考慮したものになっていくでしょう。

  6. インプラント治療のデメリットは?
    1. 外科的な手術を要しますが、親知らずの抜歯程度だと言われています。
    2. また保険適用外であるため、従来の治療法に比べ、高額になります。
    3. インプラントができる歯科医院がまだ少ないのが現状。
      分からないことや、不安に思っていることは、お気軽にご相談ください。

  7. インプラント経験者の声
    1. 歯のない状態から歯が蘇った感じ・・・とにかく「素晴らしい」の一言です。
    2. 鏡を何度もみました。毎日笑顔です!
    3. 遠慮なく物が噛めます。
    4. 噛める・食べられる。幸せを感じています。
    5. 家族も喜んでくれています。
    6. 友人にも進めました。
    7. 取り外さなくてもいいのは嬉しいことです。さっそく友達と旅行をしました。
    8. 積極的な人生が取り戻せました。
    9. 手術中の痛みもあまり感じなかった!
    10. 入れ歯を気にせず、スポーツを楽しんでいます。
    11. 自分の歯のような噛み心地です。
    12. 忘れていた味覚や食感に感動しています。

安全に治療を成功させるためには、スタッフと患者さんとの十分なコミュニケーションに加え、治療前の診査診断がとても大切です。 一般的な健康上に異常があったり、不安に思っていること、何らかの投薬を受けている場合は、必ず担当医にお伝えください。

  1. インプラント治療をはじめる前に
    インプラント治療は、虫歯のように、すぐに治療するというわけにはいきません。
    治療を始める前に、レントゲンなどによって、残っている歯や歯茎の健康状態を十分に検査します。特に歯周病などの病気は治療しておく必要があります

  2. インプラント治療の流れ
    インプラント手術
    結合期間
    仮歯の装着
    歯の装着
    処置時間は約30〜120分位です。 2,3ヶ月間でインプラントと骨が結合。 処置時間は約30〜120分位です。 処置時間は約30〜120分位です。
    インプラント体を埋入し、歯肉で完全に封鎖します。 インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。 インプラント体が骨に固定される期間を待ってから、その頭を出し、仮の歯を取り付けます。 歯肉が治ってから、最終的な上部構造を取り付け終了です。

  3. 治療後の定期検診
    インプラントの治療後には、定期的に検診を受け、清掃の状態や治療後に変化がないか検査する必要があります。
    歯科衛生士による専門的な清掃を受けることによって、インプラントを長くもたせることができます。

  4. インプラント治療は誰でも受けられるの?
    以前とは異なり、顎の骨の量が少ない人でもインプラント治療を受けられるようになりましたが、次のような人は、今のところ治療を受けることができません。

    • 全身的な問題
      • 一般の外科手術に耐えられない方
      • 重症の糖尿病、肝臓疾患、心臓疾患、血液疾患などを有する方
      • 頭蓋、顎骨部に放射線照射治療の概往のある方
      • 喫煙量の多い方
      • 薬物やアルコール中毒の方

    • 局部的な問題
      • 顎の骨が極端に吸収されている方
      • 歯周病がコントロールされていない方
      • 歯ぎしりの強い方

        その他、審美性が強く要求される場合、インプラントでの回復が難しい場合もあります。また、骨を再生しなくてもよい場合でも、通常、約半年から1年の治療期間が必要となるため、時間的に制約のある人には不向きです。 詳しくは当院にお問い合わせください。

インプラントに関する、よくあるご質問を記載しました。入れ歯やブリッジでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

  1. Q.インプラント治療の費用は保険が適用されますか?
    A.インプラント治療は保健治療に含まれません。すべて私費治療になります。治療には、手術前の診査から術後のメンテナンスまで、骨の再生、インプラントの埋入、頭出し手術、歯肉移植、仮歯の製作、上部構造製作、装着など、さまざまなステップがあります。また、患者さんの口腔内や、顎の骨の状態、使用するインプラントの種類によって、費用は異なります。
    患者さんの納得できるまで説明させていただきます。詳しくは、当院までお問い合せ下さい。

  2. Q.あごの骨に金属に埋め込んでも身体に害はないのですか?
    A.使用する金属は、生体となじみ易く、腐食しないチタンを使用していますので安全です。

  3. Q.治療に年齢制限はありますか?
    A.通常は骨の成長の関係から18歳〜70歳位までの方が治療を受けられますが、個人差がありますので当院に相談ください。

  4. Q.インプラントの治療期間は?
    A.通院期間は治療の内容で個人差があり、約4ヶ月〜1年半位かかります。また、通院回数も個人差で異なりますが通常は約6〜8回位です。

  5. Q.手術は痛くないですか?
    A.手術は局所麻酔で行いますから痛みの心配はありません。手術は2回行いますが1回目は約1〜2時間、2回目は約1時間位です。

  6. Q.インプラントはどれ位(寿命)持ちますか?
    A.インプラント自体は錆びたり変質したりすることなく半永久的です。しかし一人一人の身体同様、それぞれ異なります。特に口の中の手入れは寿命に影響します。

  7. Q.治療後に満足したという人の最も多かった理由はなんですか?
    A.最も多く寄せられる喜びの声は、入れ歯の様々な不自由さから解放されたということ。そして、ブリッジを入れるために両隣の歯を削らずに済んだということです。
    インプラントの治療を受けてからよく噛めるようになり、それゆえ精神的に若さを取り戻し、何事にも積極的にとり組めるようになったとのことです。特に、女性の患者様は服装やお化粧にも気を使うようになったという方も。

  8. Q.糖尿病でも大丈夫ですか?
    A.医師の指示のもとに充分コントロールされていれば大丈夫ですが、状態によってはインプラント手術ができない場合もあります。詳しい病状をお聞かせください

  9. Q.歯槽膿漏でも大丈夫ですか?
    A.歯槽膿漏にかかっている方はお口の中の衛生状態の悪い場合が多く、そのままではインプラントを入れることはできません。治療と正しい歯磨きを身に付けることで歯槽膿漏を治し、それからインプラントを入れます。

  10. Q.治療の間、歯がない所はどうしますか?
    A.見た目が問題になる箇所は仮歯や仮の入れ歯を入れておきます。

  11. Q.手術後の注意は?
    A.1〜2日の腫れている間は食事がしづらくなります。また、感染しやすい期間でもあります。食事はかたいものを避け、ジュースやスープなどの流動食や栄養バランスに優れたベビーフードなどを取って下さい。当日あるいは翌日くらいまでは多少出血が続きますが、強くうがいはしないで下さい。また、大きく強く口を開けあり、笑ったりするのも避けてください。薬は指示どおりにきちんと服用してください。その後は担当医の指示に従ってください

  12. Q.治療の成功率はどのくらいですか?
    A.成功率を分析するために複数の病院で1003人の患者さんに計2359本のインプラントを入れ、8年間にわたって追跡調査した文献報告では、90%以上がまったく何の問題もなく機能し続けております。
どこに相談していいのか分からない方、歯科医院が苦手な方、治療が不安な方のために院長 木住野(きしの)義信がお悩みにお答えします!セカンドオピニオンとしてもご利用くださいね。
2011年11月15日 さいたま市見沼区 40歳 女性
こんにちは、はじめまして。他院にてインプラントをすることになっております。歯牙移植の可能性があれば、そちらを試してみたいのですが、歯牙移植を施術している病院がなかなかみつかりません。

2008年8月8日 千葉県市原市 39歳 女性
上顎洞炎が完治しなければインプラントは出来ないし、この先どう対処していけばいいのか困っています。

2008年5月24日 東京都足立区 19歳 女性
昨年の1月に交通事故にあい、後ろから車でひかれ、倒れた時、元の歯が出っ歯だったため前歯をコンクリートにぶつけました。

2008年2月25日 東京都調布市 60歳 男性
歯周病のため、奥歯を抜くよう歯科医から言われています。
国立 画像
JR中央線 国立駅 南口徒歩4分
(社)日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医
きしの歯科口腔外科クリニック
歯科口腔外科・一般歯科・矯正歯科
(親知らずなどの抜歯・インプラント・顎関節症など)
TEL.042-577-1971イタクナイ(予約制)
東京都国立市東1-16-8
診療時間
9:00〜 1:00
15:00〜19:30
土曜午後は5:30まで

(C) きしの歯科・口腔外科クリニック